稲葉山城への工作

プレハブ工法式の築城方法と鉄砲3連弾戦法は同じ天分を持った人間が考え出した方法であると思うのです。
つまり信長が藤吉朗にこの工法をアドバイスしたのではと思っているのだが、この発想には多分に問題があるのです。
そもそもなぜ信長が藤吉朗に、その様なアドバイスをする必要があるのであろうという疑問です。
たしかに天才の信長と努力的秀才の藤吉朗がペアを組めば非常に効率的な仕事が出来るのは周知の事実であるが、信長が秀吉にそれほどまでに心を引かれた理由が思い浮かばないのです。
かすかな可能性があるとすれば藤吉朗という人間の道具としての魅力に、信長がちょっと助けてやるかと、信長が気まぐれに思ったくらいしか思い浮かばないのです。
信長は藤吉朗であればやり方のヒントを与えれば、必ずその方法を考えるに違いないと思ったのだろう。
これは藤吉朗がいつも愛嬌を振りまいていた信長から藤吉朗へのごほうびなのだろう。
これは信長が獲物を良く捕る鷹狩りのタカを信長が愛したのと同じです。
信長の藤吉朗に対する好意は、鷹狩りの鷹に対する信長の好意と本質的には同じものなのです
墨俣城築城は成功し藤吉朗はその城代となり、蜂須加小六は藤吉朗の与力としてだが、織田家の人間となったのです。
次は稲葉山城への工作である。
信長は当然の事ながら藤吉朗にその任を命じることになったのです。
タグ:織田信長
posted by 織田信長ファン at 12:12 | 稲葉山城

稲葉山城攻め

藤吉朗は稲葉山城を落とすのに正面から相対することを避けたが、蜂須加小六以下の野武士達を使って情報を集めた所、忠誠心が弱く、利をもって交渉すれば調略できるとの結論を得たからです。
なおかつ精神的な屋台骨も腐りきっているが、正面に外敵が現れると逆に団結し、国の統制が強固になるという要素があったからです。
藤吉朗が一人竹中半兵衛重治を訪ね、彼に織田方に寝返るように説得しに行くことになるのです。
敵方の家臣に自分の味方になれと口説きに行くのであるが、彼は後に何度も同じ様な事をするのだが自分一人で敵方の所に行き、自分の命を相手の懐に入れてしまい、それからつらつらと話をしながら相手を口説き落とす事をしているが、この時もそうしたのです。
むろん相手方が組織に堅牢な人間の場合はそのまま殺されてしまうのだが 、籠の中に入った自分を、半兵衛はそのまま殺してしまう様な事は決してしないいう事を確証を得ていたであろう。
どんな話になったかは知らないが、半兵衛が藤吉朗の持っている何かに惹かれた事は間違いないのです。
こういう場合一端相手の懐に飛び込んで見て相手が危害を加えない場合、交渉の余地は多分に残っているものである。
藤吉朗は何度も半兵衛の元を訪れ、自分の味方になる様に口説き落とそうとしたのす。
タグ:織田信長
posted by 織田信長ファン at 12:10 | 稲葉山城

半兵衛と藤吉朗

稲葉山城を半兵衛が乗っ取ったという信じられない事が起きたのです。
それもクーデタではなく内輪モメの一つであるとの事です。
信長は藤吉朗を通じて半兵衛にそっくりそのまま、織田方に入らないかと交渉させるのです。
藤吉朗が交渉しているその最中に、半兵衛がその様な行動を起こすというのは藤吉朗と話した何かが影響しているものと思われます。
藤吉朗の話術には何か人を動かす魔術的な魅力が含まれていたに違いないのです。
しかしいとも簡単に半兵衛に拒絶されてしまうからである。
返事はすぐさま信長に伝えられた。
信長は拒絶されたのだが、不思議な爽快感を感じたはずです。
その言葉はウソでなかった、半兵衛は城は元の様に斉藤竜興に返却し、半兵衛は姿をくらまして野に暮らしているという事であった。
しかしお灸を据えられた竜興にとっては、その行為は恨みとしか取っていないだろう。
藤吉朗は半兵衛を手に入れるチャンスだと思ったに違いなく、まさに自分の味方になってもらう千載一遇のチャンスであったのです。
しかし欲の無い人間ほど藤吉朗にとって扱いにくいものはない。
どんな言葉に惹かれたかは判らないが、結局半兵衛は織田家に仕える事になったのです。
敵を滅すより、味方にする方がより効果的であるという常識が織田家で生まれた瞬間です。
ただし半兵衛は信長殿の下ではお仕えしたくない、藤吉朗殿の下でお仕えしたいと言ったのです。
藤吉朗は信長に許しを請いそれは簡単に認められたのです。
信長はこれで美濃は取ったぞ、と思ったに違いないのです。
稲葉山城のすべてを知っている半兵衛が味方になったのである。 藤吉朗にとって山城を奪取するのはもう時間の問題になったのです。
タグ:織田信長
posted by 織田信長ファン at 12:07 | 稲葉山城

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。