稲葉山城攻め

藤吉朗は稲葉山城を落とすのに正面から相対することを避けたが、蜂須加小六以下の野武士達を使って情報を集めた所、忠誠心が弱く、利をもって交渉すれば調略できるとの結論を得たからです。
なおかつ精神的な屋台骨も腐りきっているが、正面に外敵が現れると逆に団結し、国の統制が強固になるという要素があったからです。
藤吉朗が一人竹中半兵衛重治を訪ね、彼に織田方に寝返るように説得しに行くことになるのです。
敵方の家臣に自分の味方になれと口説きに行くのであるが、彼は後に何度も同じ様な事をするのだが自分一人で敵方の所に行き、自分の命を相手の懐に入れてしまい、それからつらつらと話をしながら相手を口説き落とす事をしているが、この時もそうしたのです。
むろん相手方が組織に堅牢な人間の場合はそのまま殺されてしまうのだが 、籠の中に入った自分を、半兵衛はそのまま殺してしまう様な事は決してしないいう事を確証を得ていたであろう。
どんな話になったかは知らないが、半兵衛が藤吉朗の持っている何かに惹かれた事は間違いないのです。
こういう場合一端相手の懐に飛び込んで見て相手が危害を加えない場合、交渉の余地は多分に残っているものである。
藤吉朗は何度も半兵衛の元を訪れ、自分の味方になる様に口説き落とそうとしたのす。
タグ:織田信長
posted by 織田信長ファン at 12:10 | 稲葉山城
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。