半兵衛と藤吉朗

稲葉山城を半兵衛が乗っ取ったという信じられない事が起きたのです。
それもクーデタではなく内輪モメの一つであるとの事です。
信長は藤吉朗を通じて半兵衛にそっくりそのまま、織田方に入らないかと交渉させるのです。
藤吉朗が交渉しているその最中に、半兵衛がその様な行動を起こすというのは藤吉朗と話した何かが影響しているものと思われます。
藤吉朗の話術には何か人を動かす魔術的な魅力が含まれていたに違いないのです。
しかしいとも簡単に半兵衛に拒絶されてしまうからである。
返事はすぐさま信長に伝えられた。
信長は拒絶されたのだが、不思議な爽快感を感じたはずです。
その言葉はウソでなかった、半兵衛は城は元の様に斉藤竜興に返却し、半兵衛は姿をくらまして野に暮らしているという事であった。
しかしお灸を据えられた竜興にとっては、その行為は恨みとしか取っていないだろう。
藤吉朗は半兵衛を手に入れるチャンスだと思ったに違いなく、まさに自分の味方になってもらう千載一遇のチャンスであったのです。
しかし欲の無い人間ほど藤吉朗にとって扱いにくいものはない。
どんな言葉に惹かれたかは判らないが、結局半兵衛は織田家に仕える事になったのです。
敵を滅すより、味方にする方がより効果的であるという常識が織田家で生まれた瞬間です。
ただし半兵衛は信長殿の下ではお仕えしたくない、藤吉朗殿の下でお仕えしたいと言ったのです。
藤吉朗は信長に許しを請いそれは簡単に認められたのです。
信長はこれで美濃は取ったぞ、と思ったに違いないのです。
稲葉山城のすべてを知っている半兵衛が味方になったのである。 藤吉朗にとって山城を奪取するのはもう時間の問題になったのです。
タグ:織田信長
posted by 織田信長ファン at 12:07 | 稲葉山城
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。