織田信長が必要とした才能

信長はいままで戦乱の時代には、柴田勝家や羽柴秀吉の様な才能を必要としていました。
しかしこれから信長が目指す世界では光秀の様な才能こそが一番必要だと思ったに相違ない。
客観的にも藤吉朗が不要になり、光秀が必要になる時期である。
光秀は織田家の中でこの時信長の次に秀才、インテリであった。
まさに彼にとっては信長政権におけるバラ色の時代が目の前に来ているのです。
それは光秀自身も把握していたハズで、そんな光秀が信長を殺す理由など全く無かったはずです。
ただ難点があり光秀が功名心にあふれていたという事、精神的な揺さぶりに弱いという事、信長より年上であった事であります。
光秀は努力の人であり秀才型といえるのです。
彼は信長と足利義昭を結びつけ一時的にせよ信長と足利幕府の蜜月関係を成立させているのです。
将軍の足利義昭から見れば光秀がいる織田家という様に対外的には光秀の方が上であったのです。
しかし将軍義昭と信長の力関係が反転していく中、光秀の位置は下がり、またその時に信長に天才性を発見したに違いないのです。
光秀は織田家側近の中でその天才性を理解していた数少ない一人であったのです。
posted by 織田信長ファン at 19:19 | 家臣
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。